安い!即日対応!安心して依頼出来る東京の不用品回収サービス人気5社を ご紹介!

一般的な不用品回収の料金の内訳

一般的な不用品回収の料金の内訳

「不用品が出たからなんとかしたい」

という際に頼りになるのが不用品回収業者です。
不用品回収業者であれば休日などでも問題なく来てくれます。
とはいえ、

「不用品回収業者に回収してもらったら1万円以上もかかった」

なんて噂も時折耳にするものです。

一体、不用品回収業者に引き取ってもらう際にはどのくらいの料金がかかるのでしょうか。
こうした不安をなくすためにも知ってもらいたい、引き取りをしてもらう際の一般的な料金の内訳について紹介します。

不用品回収料金の内訳について

不用品回収をしてもらう際にはいろいろな費用がかかります。

 

〇個別回収料金
例えば、回収してもらう不用品ごとにかかる個別回収料金があります。
これは、

中型のタンスであれば4千円

クーラーであれば7千円

といったように品目ごとに変わってきます。
回収してもらうモノが増えればそれだけ個別回収料金は増えてきますが、不用品によってはお得に回収してもらえることもあります。

〇出張料
他にも、出張料がかかることもあります。
一定エリア内であれば出張料がかからないというところもありますから、出張料を減らすためにもなるべく自宅から近い不用品回収業者を選んでおきたいところです。
出張料は千円程度のこともあれば、遠方出張の際には5千円程度かかることもあります。
出張費が気になるならば自分で不用品回収業者などに不用品を持ち込むというのも良いでしょう。

 

特別な手当てやオプション料金が発生する場合もある

〇危険作業手当

危険な作業が伴う場合には危険作業手当も発生するケースがあります。
たとえば、高所からの引き下ろし作業が必要になる等の場合です。
他にも、重量物を運ぶ際にも費用が発生することもあります。
こうした費用について事前に電話で問い合わせて確認しておく事が大事です。

〇オプション料金

清掃オプションや即日引き取りオプションなどを利用することで余計な費用が発生するなんてことも。
このようにいろいろな費用が発生するものですが、費用については依頼前にしっかり話し合っておきたいところです。
より費用を抑えるためにもより格安で依頼できるところがないか探してみるのも良いでしょう。

〇作業員増員に伴う料金

モノによっては作業員も複数人以上必要になることもあります。
例えば、冷蔵庫などの重量物を運ぶ際です。
この際には作業員を増員してもらう必要性があり、それだけ追加で費用がかかる可能性があります。

 

〇キャンペーンやプランを活用しよう!

時期的に安く回収してもらえることもあります。
例えば、年末は不用品回収業者も最も忙しくなってきます。
こうした時期は予約しにくいだけでなく引き取り料金も高くなるなんてことも。
逆に閑散期である6~7月などに依頼しておけばお得なキャンペーンが利用できることもあるでしょう。
こうした時期的な特性を理解することも不用品回収をお得にしてもらうコツです。

ちなみに、パック料金や積み放題プランもあります。
例えば、積み放題プランを利用すれば大量に引き取ってもらっても費用を一定内に下げられます。
こうしたサービスがあるような不用品回収業者を選んでみても良いでしょう。

 

不用品回収はなるべく正規の業者に依頼する

休日になると不用品回収車がやってくるなんて地域も多いものです。
不用品回収車はちょっとした不用品の回収には便利なものですが、基本的には利用すべきではありません。
例えば、回収料金が明示されずに法外な費用がかかってしまうこともあります。
他にも、営業許可を出して営業していない業者も不用品回収車で営業している業者は多くなっています。
格安で引き取ってもらえても山奥にゴミを捨てられてしまうなんて危険性もあります。

そんなトラブルを避けるためにも基本的には正規の不用品回収業者に頼んでおきたいところです。
正規の不用品回収業者に依頼すれば好きな時間に来てもらえますし、より安心できるはず。

サイト内検索
ランキング
エコクイッカー
片付けマスターズ
クリーンセレクト
片付けエキスパート
ECO侍
記事一覧